【ポーカーチェイス攻略法】最速ゴールド到達者に聞いた!!【全ハンドレイズ!?】

こんにちは!アルパカジノのジーノです!


大阪は御堂筋線心斎橋駅徒歩3分のアミューズメントカジノ「アルパカジノ」で毎日お客様と一緒にポーカーを楽しんでいます!!初心者様大歓迎です!!


さて本日はポーカーチェイスのお話です。


ここ数週間、ポーカーチェイスでポーカーを覚えてアルパカジノで初めてのライブポーカーを体験するというお客様がかなり増えています!!皆様、初めてのライブポーカーを存分に楽しまれていてうれしい限りです!!皆様のご来店をお待ちしておりますッ!!


先日からアルパカジノのディーラーみんなでインストールして楽しんでいるのですが、

昨日ついに当店からGOLDランクに到達したディーラーが現れました!!


2021年9月15日時点で71位(レーティング1446)の当店ディーラーの「マツ子_アルパカジノ」さんに、ポーカーチェイスの攻略法を伺いました。特にステージ1~2で苦戦している方は必読です!!

https://poker-chase.com/


------ マツ子さんはポーカー歴はどれくらいですか?


マツ子「2019年1月からなので2年半くらいです。普段はディーラーとして働いているので、プレイヤーとしてよりもディーラーとしての経験の方が長いですね」


------ なるほど。それでは早速ですが、ポーカーチェイスのステージごとの攻略法をご教授いただきたいのですが


マツ子「私なんかが誰かにポーカーを教えるなんてかなりおこがましいのですが(笑)私なりに感じたことをお話させていただきます。まず、ステージ1と2はほとんど差は感じなくて、ステージ3から別モノといった印象でした」


------ あー、私もそれは感じますね。ステージ1と2で意識していたことは?


マツ子「このステージはルースコーラー(※)がとても多い印象です。なので、レイズする場合はレイズ額を大きめにしていました。」


(※ルースコーラー → ルース=緩い、コーラー=コールする人。幅広いハンドでコールする人のこと)


------ なるほど!自分が強いハンドの時に、弱いハンドからコールをもらって利益を生むプレイですね!


マツ子「あとは、ブラフする頻度はかなり低くしていました。例えば自分がプリフロップ(※)でレイズして、フロップ(※)でエアー(※)だったの時にCB(※)をするかどうかですが、これはかなりチェック寄りの判断をしていました。要はブラフはほとんどしないということです」


(※プリフロップ → 2枚の手札が配られたラウンドのこと)

(※フロップ → 最初の3枚のコミュニティカードが開かれたラウンドのこと)

(※エアー → 特に何も役ができていない状態のこと。ノーハンド、ハイカードとも)

(※CB → コンテニュエーションベットの頭文字。プリフロップでレイズしたプレイヤーがフロップでも継続してベットすること)


------ ほー。もし自分に何か役ができたときは?


マツ子「バリューベット(※)します。それも普段よりも少し高いかなという金額にします。ルースコーラーが多いからですね」


(※バリューベット → 自分が強い手を持っているときに、弱いハンドの相手からチップを奪い取るためのベット)



------ ではステージ3の攻略法を教えてください


マツ子「攻略法というか(笑)意識していることですが、まずはポーカーチェイスの仕組み上、5位6位になってしまうことを避けるようにしています。2人くらい飛んであと4人くらいになってからアグレッシブにプレイし始めています」


------ なるほど、ポーカーチェイスの仕組み上、確かにその方がランクが上がりやすいですよね。


マツ子「あと、トーナメントが始まってしばらくはとにかくブラフをしません。なんの役もできなかったら相手とずっとチェック→チェックを繰り返してショウダウン(※)まで行くことが多いです。これがあとで効いてくると考えています。


(※ショウダウン → お互いに手札を開示して勝敗を決すること)


------ へーそれはどうしてですか?


マツ子「序盤で『このプレイヤーは役が無いとベットしてこない人なんだ』と思わせるんです。その印象が付いたトーナメント後半で、少しずつブラフを打つんです。


------ なるほど!そうすれば『この人がベットしてきたということは何か役があるんだな』と思わせることができて、相手をフォールドさせられるんですね!!


マツ子「そうです!」


------ ところで私ジーノはヘッズアップ(※)が苦手なんです。マツ子さんは何を意識していますか?


(※ヘッズアップ → 二人の戦いになること。ここではトーナメントの最後の二人のことを指しています)


マツ子「まず、ステージ1と2ではヘッズアップに慣れていない方が多いように感じました。ヘッズアップ時のSB(※)はとにかく有利なので、まずは全ハンドでレイズで参加するようにしていました。これだけでお相手はかなりフォールドしてくれます」


------ 全ハンドでレイズ!これは大胆ですね!


マツ子「弱いハンドでは2倍、強いハンドでは3倍以上でレイズしていました。でもこの戦略はポーカーチェイスのステージ1と2では有効ですが、それ以外ではあまりおススメできないかもです」


------ ポーカーチェイスならではの攻略法のひとつかもしれませんね。ちなみにマツ子さんは実際のライブポーカーも得意なんですか?


マツ子「いえいえ、まだまだ全然ダメです。特にアグレッシブなプレイヤーへの対応が苦手なので、そういうタイプのプレイヤーにいつも負けてしまっています」


------ 実際のライブポーカーとポーカーチェイスの違いは何か感じますか?


ポーカーチェイスは初対面の相手ばかりなので、相手のプレイスタイルを判断するのが難しいですよね。なので基本に忠実にプレイすることを心掛けています。強かったらベットするしブラフは少なめに、ですね」


------ ありがとうございました。それではランキング1位を目指して頑張ってください!!


80回の閲覧0件のコメント